BLOG

エアブラシアートをはじめるために揃える道具

エアブラシをはじめるのに最低限必要な道具は3つです。

①ハンドピース
②コンプレッサー
③塗料

最低限この3つがあればできます。

早く確実に上達すにはスクールがおすすめです!テクニックやノウハウだけでなく、オススメの道具や塗料などもエアブラシスクールにて案内しております。

①ハンドピースについて

ハンドピースとは、カップに塗料を入れてエアー吹き付ける、写真の様な道具を指します。

【タイプについて】

ハンドピースには「塗料が出る量」の調節方法の違いにより複数のタイプがあります

・シングルアクション
・ダブルアクション
・トリガーアクション

用途によって使い分けたりしますが、絵を描いたり、ボディペイントで使うには「ダブルアクション」をお勧めします。

「ダブルアクション」はボタンを押して引くという2段階の操作によって塗装を行うタイプです。ボタンを押してエアーを出し、そのまま引くと塗料が出ます。引く幅が大きいと、その分塗料がたくさん出ます。

特徴としては、引き具合によって塗装方法をコントロールできるため、吹き付ける範囲を細かく調節できるのがポイントです。グラデーションや細かいパーツの塗装、ベタ塗りなど、さまざまな塗り方ができます。

【口径について】

エアブラシのノズル口径にも様々なサイズがあり、用途によって使い分けます。

基本的に持っておくのは0.3mm口径のものです。0.3mm以下はエアブラシアートの仕事ではほぼ使いません。セットについているエアブラシは0.3mm口径のものが多いです。

コンプレッサーとセットについてくるものもありますが、安価なハンドピースのデメリットとしてはこのようなものが挙げられます。

・油性塗料に弱い
・壊れやすい
・ラインを描く時の精度が劣る

用途によって使えなくは無いのですが、エアブラシスクールでは幅広いジャンルで使用できるハンドピースをオススメしております。

②塗料について

塗料には水性塗料と油性塗料がありますが、はじめは水性塗料で練習してみましょう。

水性塗料は水や専用液で希釈するので匂いや人体の影響がほぼありませんが、油性塗料は有機溶剤を希釈に使うので匂いもきついですし、吸い続けると人体への影響もあります。

・屋外で使うものには油性塗料
・屋内で使うものには水性塗料

という具合に使い分けます。

エアコンプレッサーについて

エアコンプレッサーは、空気を圧縮してホースを伝いエアブラシへ送り出す機械です。

コンプレッサーは下にタンクがついているものを選びましょう。タンクが付きは安定したエアー供給が可能になり、また長時間使用時などのポンプ連続運転時間が軽減され耐久力大幅UPします。

マンションやアパートなどの集合住宅でも使いやすいように、静音タイプのものをオススメしております。